まつげエクステの材質別の種類と主なポイント

流行のまつげエクステには様々な種類がありますが、それぞれの特徴を知っておけば、目元のメイクをよりきれいに仕上げる事ができます。

レーザー脱毛の満足が話題になっています。

このまつげエクステの種類としては、材質別に分類することができ、材質により付け心地や仕上がりが大きく違うので、予め材質別の特徴を知っておく事が大切です。

永久脱毛の比較の最新情報を見つけよう。

とりわけ人気の高いエクステとしては、高級なやわらかい材質を使用したものがあります。
このタイプは、まつげに大きな負担を掛ける事無く着用でき、付け心地が非常に良いのが特徴です。

また、やわらかい素材のエクステの特徴として挙げられるのが、仕上がりの良さで、質感も良くゴージャスな装いにマッチする為に、人気のタイプとして普及しています。

美容クリニックの特徴をご紹介する情報です。

このやわらかい素材は、動物の毛などが使用されている高級な商品もあり、その美しい仕上がりが人気となっているのです。そして、このエクステの中でも材質が固めのものは、仕上がりの美しさの面では少々劣りますが、手ごろなプライスで耐久性に優れているという利点があります。

1人1人に合った永久脱毛の情報を見つけよう。

また、固めの素材を使用したものは、弾力性に優れているのが特徴で、まつげのカールの形状がつくりやすいというメリットもあるのです。
また、硬い材質のものでも、しなやかな毛質を重視したまつげエクステは、着用した際の違和感なども少なくなり、付け心地の面でも優れているという性質があります。

そのため、まつげエクステを選ぶ際には、材質を重視し、好みの付け心地や使用目的を加味して選ぶ事が重要とされます。

つけまつげよりもナチュラルで、朝のメイク時間も短縮できるまつげエクステは、女子の強い味方ともいえます。

しかし、エクステの種類も、目の大きさや形に合わせて変えるほうが、より目元をぱっちりさせられることはご存知でしょうか。

目を大きく見せ、目力をつけるためには、太くて長いエクステをたくさん装着するのが最善の方法だと思われがちですが、それは大きな誤解です。

大阪の医療レーザー脱毛の情報をあなたにご紹介いたします。

太くて長いエクステは重みもあり、たくさん装着すると、その重みでまぶたが下がり、余計に目を小さく見せてしまう可能性もあります。最も効果的にまつげエクステを装着するには、自分のまつ毛と同じような太さのエクステを選び、長さも、自まつげより1ミリから3ミリ程度長いものにするのがベストです。



エクステの本数も、はじめはたくさんつけすぎずに、まずは片目50本ずつぐらいから行うのが無難でしょう。

片目50本でも、毛の先が割れているY字型のエクステを選べば、ボリュームが出て倍量をつけているような仕上がりになります。



また、まつげエクステは、カールの種類によっても印象がガラッと変わるのが特徴的です。



Jカールは、最もカールがゆるく、切れ長でクールな印象になります。

Cカールはしっかりとカールがついており、目元をはっきり際立たせます。
その他、JカールとCカールをミックスして装着する方法もあります。


一重や奥二重の場合は、カールがまぶたに被る場合があるので、ゆるめのカールがオススメです。

関連リンク

まつげエクステサロンで大きな目に


アイメイクに凝ったり、ビューラーを使うことで、大きくて、くっきりとした目元を印象付けている方は多いですが、もっと効果的な方法はないかとお探しなら、まつげエクステにチャレンジすることをおすすめします。目が小さい人は、まつげの本数が少なかったり、一本一本が細かったりする人も多いですが、まつげエクステサロンで施術を受ければ、短時間でまつげが多くて長い、魅力的な目元になれるのでおすすめです。...

まつげエクステとつけまつげのメリットとは


まつげが長いのは女性の憧れで、まつげが伸びる方法を試してみたり、マスカラでまつげを長く見せてみたりとしている方も多いですが、最近では年齢を問わずつけまつげをつけたり、まつげエクステをする女性も増えてきています。つけまつげは、以前までは若者が使うもののような印象で、つけているのがわかってしまうような人工的なタイプばかりでしたが、今はナチュラルな仕上がりで自然なまつげに見せられるものが多くなってきています。...