まつげエクステをやってみたい

まつげエクステンションとは、人工のまつげをグルー(接着剤)で自まつげに装着するという技術であり、まつげを長く濃く見せる効果があります。これはまつげ1本に対して人工のまつげ1本を装着していくことになるのですが、高い技術力が必要となります。
つけまつげのように自身で取り付けるわけではないため、まつげエクステンションの施術を提供している店舗で受けることが一般的です。
日本では美容師免許を持っている人しかこの施術を行うことはできないのですが、まつげエクステンションをする人のことをアイリストやアイデザイナーなどと呼ぶこともあります。

まつげエクステンションは韓国で1980年頃に誕生したものであり、日本では2000年前後に伝えられました。

そして、2003年には毛先が細い人工毛が誕生し、エクステを1本ずつ自まつ毛に装着するタイプのまつげエクステンションが主流となりました。


人工のまつげはアイラッシュなどと呼ばれていますが、さまざまな長さや太さ、カーブの強さの商品が登場してきています。

アイラッシュには1本のタイプや毛束になったタイプなどがあり、カラーなどのバリエーションも豊富です。
グルーは黒色や透明の瞬間的に接着する溶剤のことであり、製品によって速乾性や刺激性、持続性などが異なっています。


また、最近ではアレルギーを引き起こしにくい低刺激のものもあるため、肌が弱い人でも安心して施術を受けることができるでしょう。

まつげエクステをやってみたいけど、なかなか踏み切れないという方は、沢山いらっしゃると思います。

エクステのもちや、まつげへの影響は実際のところ、どのくらいなのでしょうか。

普段、お手入れで気をつけるべき注意点も含め、ご紹介します。まつげエクステは、自分のまつげに、化学繊維で作られた人工まつげを装着していくものです。


自分がなりたい顔のイメージに合わせ、シルク、ミンク、セーブルなどの種類から選ぶことができます。


中でもセーブルは、非常に柔らかい素材で、まつげや肌に与えるダメージは最小だと言われていますので、初めての方にお勧めです。

通常、まつげ1本に装着できるつけまつげの数は、1本になります。

軽くて細い最高級のつけまつげを使っても沢山つけることはできません。

自分のまつげの状態に合わせて、欲張らずに施術してもらいましょう。

まつげエクステのタイプは、太さと長さ、カールを組み合わせて、表情を作っていきます。

また、目尻の部分を長めにすると、セクシーな印象になり、真ん中の部分を長めにすると、黒目がちな可愛らしい表情を作ることができます。

まつげエクステは、毎日のマスカラを省くことができますが、メイク落としや洗顔などでこすってしまうと、落ちやすいというデメリットがあります。

毎日少しずつ落ちていき、その効果が持続するのは、およそ3週間〜1ヶ月です。

薬剤によるまつげの影響は避けられませんが、一度エクステを経験してしまうと、普段のメイクが物足りなくなり、エクステを続ける結果、まつげが抜けやすくなったという事例もあります。


技術が高いスタッフのもとで、きちんとケアをしていれば、トラブルは避けられますので、不安なときは、お店の方に詳しく聞いてみましょう。

ワキガでお悩みの大阪の方情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。



新宿医療レーザー脱毛の口コミ選びをお手伝いします。

有望な東京の発毛の口コミのお役立ち情報はこちらのサイトです。

新宿の医療レーザー脱毛の情報がいっぱい詰まったサイトです。







関連リンク

まつげエクステサロンで大きな目に


アイメイクに凝ったり、ビューラーを使うことで、大きくて、くっきりとした目元を印象付けている方は多いですが、もっと効果的な方法はないかとお探しなら、まつげエクステにチャレンジすることをおすすめします。目が小さい人は、まつげの本数が少なかったり、一本一本が細かったりする人も多いですが、まつげエクステサロンで施術を受ければ、短時間でまつげが多くて長い、魅力的な目元になれるのでおすすめです。...

まつげエクステとつけまつげのメリットとは


まつげが長いのは女性の憧れで、まつげが伸びる方法を試してみたり、マスカラでまつげを長く見せてみたりとしている方も多いですが、最近では年齢を問わずつけまつげをつけたり、まつげエクステをする女性も増えてきています。つけまつげは、以前までは若者が使うもののような印象で、つけているのがわかってしまうような人工的なタイプばかりでしたが、今はナチュラルな仕上がりで自然なまつげに見せられるものが多くなってきています。...