自然な目元を作る茶色のまつげエクステ

まつげエクステを始めたいけど、不自然になりそうでなかなか手が出せないという方には、ブラウンのカラーエクステがオススメです。

人間に生えているまつげは黒よりもグレーや茶色に近いので、黒い通常のエクステに比べてブラウンのエクステはより自然に肌に馴染みます。


また、肌の色にも使いので長いタイプや太いタイプを選んでも、不自然にならずに付けられるのも特徴です。

マスカラでブラウンをつけると黒よりは目立ちませんが、マスカラが固まることで白っぽく逆に不自然になってしまう事が多くあります。

しかしまつげエクステだとツヤがあるので、そんな事もありません。

グレーのエクステも時々ありますが、以外と白っぽくみえるものが今は多く、自然というよりもモードな雰囲気にしあがるので、ナチュラルに見せたいときは茶色いタイプを選ぶのが良いです。

よりナチュラルな雰囲気に仕上げたいときは、茶色でさらにエクステ自体のカールも弱いタイプを選んで付けてもらいましょう。また、もう少し目力を強くしたい場合は、黒とミックスでお願いするのも手です。
茶色のバリエーションですが、こげ茶から金に近い薄い茶色まであります。

通常のブラウンエクステはこげ茶ですが、薄い茶色を選ぶとハーフっぽい顔立ちも演出出来るので、髪が明るい方やカラーコンタクトをしている方には良く似合います。まつげエクステはやってみたいけど急に顔立ちが変わるのが不安という方にも、茶色のブラウンエクステからなら挑戦しやすくおすすめです。


最近女性たちの間で話題となっているまつげエクステ、体験したことのある女性も増えていますが、依然興味はあるものの、なんとなく不安で二の足を踏んでいるという方も少なくはないようです。まだチャレンジしたことがない女性たちの一番の疑問点としては、どれくらいの期間もつのか、ということが最も知りたい質問のようですが、この答えは一概には言えないもので、それぞれの取り扱い方によるところが最も大きいといわれています。

まつげエクステは、自分のまつげに専用の接着剤を使って人工毛を貼りつけていく技法ですが、この接着剤は水やお湯では取れないとはいえ、施術後六時間ほどは完全に乾くまで時間がかかるので、その間に触りすぎたり水に触れたりすると、たちまち強度が弱くなってしまいます。
またこの接着剤はオイル成分には弱いので、クレンジングだけではなくスキンケアでオイルを使う女性も注意が必要です。これはまつげエクステを行っている間はずっと気を付けなければならないことなので、クレンジングなどを選ぶ際は、必ず配合成分をしっかりと調べることが大切です。
エクステをつけると、どうしても気になるあまり、無意識のうちに指で触れてしまう人が多いようですが、こういった刺激や摩擦は極力避けることが、施術後の最も美しい状態を長持ちさせることにもつながるので、できるだけ気を付けましょう。またマスカラなどを塗布する方もいますが、接着面をこするような付け方はやめましょう。

永久脱毛の評判のお役立ち情報を公開しています。

本物の新宿で脱毛クリニックについて知りたいならこちらです。

梅田の医療レーザー脱毛についての知識を高めてもらうためのサイトです。

このサイトで城本クリニックの口コミ使いやすさが好評です。

あなたのご要望に応じた銀座のレーザー脱毛ランキング情報を探しましょう。







関連リンク

まつげエクステサロンで大きな目に


アイメイクに凝ったり、ビューラーを使うことで、大きくて、くっきりとした目元を印象付けている方は多いですが、もっと効果的な方法はないかとお探しなら、まつげエクステにチャレンジすることをおすすめします。目が小さい人は、まつげの本数が少なかったり、一本一本が細かったりする人も多いですが、まつげエクステサロンで施術を受ければ、短時間でまつげが多くて長い、魅力的な目元になれるのでおすすめです。...

まつげエクステとつけまつげのメリットとは


まつげが長いのは女性の憧れで、まつげが伸びる方法を試してみたり、マスカラでまつげを長く見せてみたりとしている方も多いですが、最近では年齢を問わずつけまつげをつけたり、まつげエクステをする女性も増えてきています。つけまつげは、以前までは若者が使うもののような印象で、つけているのがわかってしまうような人工的なタイプばかりでしたが、今はナチュラルな仕上がりで自然なまつげに見せられるものが多くなってきています。...